コラム

住宅をバリアフリーにする3つのメリット

こんにちは!和歌山県橋本市に拠点を置き、大阪市を中心にALC施工などの外装工事を行っている株式会社前田工業と申します。
外壁工事に強みがある会社です。
今回は「住宅をバリアフリーにする3つのメリット」をテーマに紹介します。

転倒事故を防げる


住宅をバリアフリーにする大きなメリットと言えるのが、転倒事故を防げる点です。
高齢になってくると足腰が弱くなったり、自分の体重を支えるのが難しくなったりする人が少なくありません。
そんなときに手すりがあれば、体重を支えながら歩行ができます。
転倒事故を防ぐことで、その先にある寝たきりのリスク予防にもつながっていくでしょう。

車椅子での移動がしやすくなる

住宅をバリアフリーにする際には、段差を無くす施工が行われます。
住宅の中に段差が無くなる大きなメリットと言えるのが、車椅子での移動がしやすくなる点です。
車椅子の車輪が段差に引っかかることが無くなるため、スムーズに移動ができます。
家族団らんにもつながるため、ぜひ住宅のバリアフリーをご検討ください。

将来に備えられる

住宅のバリアフリーを早めに行うことで、将来の暮らしに備えられます。
高齢になった際に、住宅をバリアフリーにするための打ち合わせや細かな取り決めをするのは難しいかもしれません。
早めに住宅をバリアフリーにしておけば、高齢になった際に慌てずに済みます。
将来に備えたいと考えている人は、ぜひ住宅のバリアフリーを早めにご検討ください。

株式会社前田工業で働きませんか

株式会社前田工業では、一緒に働くスタッフを求人募集しています。
私たちと一緒に、外装工事・リフォーム工事・金物工事の技術を身に着けませんか。
経験・未経験は問いません。
個人の能力や努力を評価する会社です。
会社のサポートを受けながら、確かな技術を身に着けていきましょう。
もっと技術を磨きたい・新しい世界を知りたい、そんなやる気のある人からのご応募をお待ちしております。
まずはお気軽にご応募ください。

株式会社前田工業にお任せください


株式会社前田工業では、新規お取引先を募集しています。
外壁塗装や外壁の張り替えを行い、新しい暮らしを叶えてみませんか。
外壁に使われている塗装は年月が経つと劣化し、カビやコケが発生しやすくなります。
カビやコケは繁殖力が非常に高いため、1度発生すると建物に対し大きな被害を及ぼすことが少なくありません。
外壁に少しでも異常を感じたら、電話またはお問い合わせフォームからご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。